ロックの日グライダー

2020年06月14日

キングオブコメディ

アパホテルって?と思って、4WDって?と思ったのに、今では全然いい場所じゃんって思える不思議。

19歳くらいの頃はロバート・デ・ニーロが大好きで、彼が出演している映画を借りてきてよく観ていた。

見応えのある作品が多かった。

ディアハンターとかゴッドファーザーⅡとかミッションとかレイジングブルとかワンスアポンアタイムインアメリカとか。

1900年って映画は6時間くらいあるからレンタルビデオ屋にはなくて映画館に観に行ったんだけど、途中で休憩とかまであって観るのとてもつらかった覚えがある。

とにかく19歳くらいの男の子なんてみんなタクシードライバー観て痺れちゃうんじゃないの?

鏡に向かって「You talkin' to me?」とかって言っちゃうんじゃないの?

違うのかな。

まぁ、そんなわけでロバート・デ・ニーロの作品をよく観ていたんだけど、キングオブコメディという映画があって、ロバート・デ・ニーロが売れないコメディアンの役なんだけど、これがまた恐ろしいほどの狂気が内包されているというかコメディの中に狂気が隠しきれないというかすごいんだよ、ロバート・デ・ニーロが。

まぁ、30年前に観ただけなのであらすじはあまり覚えていないけど、結局その狂気は犯罪へと向かってしまう。

でね。お笑いと狂気というか狂気を含んだお笑いってあると思うんだけど、たとえば昔のビートたけしとかさ。
あとはコンプレックスからの歪んだ感情をお笑いに昇華してそこに含まれる狂気みたいなこととか。

そういうのに憧れるというかかっこいいと思うこともあるし、でも最近は年なのかそういうのはちょっとあれで、今はオードリーとかがほっこりしてちょうどいい。

ちょうどいい塩梅というかとてもバランスがいいと思う。そのへんの感覚はすごいなぁ、と思う。

キングオブコメディっていう名前のお笑いコンビがいたでしょ。何年か前にメンバーの一人が罪を犯して今は解散しちゃったのかな。

あのあたりから文春砲っていうの?ベッキーの不倫とかスマップ解散とか世間をあっと驚かすようなスキャンダルって続いているように思う。

とにかくそのキングオブコメディの捕まったほうの高橋ってのはわりとイケメンでしっかりとしていて、その相方の今野はとても個性的な顔立ちで、今野のほうがコンプレックスの塊で歪んだ狂気みたいなものを持っているのかと思っていた。
二人のコントのキャラとかもそんな感じだし。
まぁ、あの顔立ちは武器になるからそうなるのは当然のことなんだろうけど。

でも二人でトークとかしてるのを見ると高橋のほうが全然頭がおかしくて、今野はとてもしっかりとした常識的な人でコンプレックスとかもそれほどではなさそうで、そのギャップにけっこう驚いた。

その高橋の頭のおかしい感じが僕はけっこう好きで、そういったわりと素の部分が見られる動画とかを一時期よく観ていたことがある。

この間、下の子どもと二人でご飯を食べていて、子どもがもう復帰できないよね~と言うので、そりゃ、そうでしょ、だって多目的トイレだよ?みたいなことを話してて、僕が、今までの不祥事で自粛したりした人たちが復帰できようができまいがそれほど興味はないけど、キングオブコメディの高橋だけは復帰してほしいんだよね、テレビが無理ならなんか他の媒体でもいいからさ、と言ったら、子どもが、それは無理でしょ、だって完全に犯罪者だよ、と言った。

そうか。そうだよな。

犯罪に向かわないとわかってる狂気に魅力はあるのかな。

そこに向かいそうでも向かわない狂気を持てるってすごく難しいことだよな。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村


sleepee at 13:42│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ロックの日グライダー